運営会社

株式会社三友


当社は1947年に旧三井物産防府事務所が、GHQの指令により解体され、それを機に「株式会社三友商社」として設立し、主に土木工事や土木建設資材の販売を行ってきました。
その後、LPガスなどエネルギー分野にも事業を拡大し、山口県・広島県に営業エリアを拡大し、1977年に現在の 「株式会社三友」に名称を変更しました。



会社名 株式会社 三友
事業内容 建設事業部
建築資材事業部
物資事業部
情報システム事業部
モバイルシステム事業部
所在地 山口県防府市駅南町9番43号
代表者 代表取締役 藤元正邦
創業・設立 1947年(昭和22年)
資本金 2100万円(自己資本:73億円)
社員数 289名 (令和3年5月末現在)

事業内容


現在は従業員数288名の体制で、以下の4つの事業部制をとっており、本社のほか、広島本社・東京支社など山口県を中心に全国で15拠点の営業網を展開しています。(2021年10月時点)


建材事業部
道路建設関連工事、土木建設資材の販売及び工事
建築資材事業部
建物の外装材、内装材等の販売及び施工
物資事業部
LPガス及び関連機器卸小売、リフォーム、給排水工事、太陽光発電の販売
情報システム事業部
コンピュータ周辺機器及びシステム販売、携帯電話販売

防災事業への展開

当社は防護柵などの安全施設用資材を取り扱うほか、法面保護や各種補修補強工事を施工していることから、当社の取扱い商品や施工技術を基盤とし、近年の水害等の災害対策にも力を入れています。
2019年5月に「災害対策商品等の統合化による『防災のことなら三友へ』のイメージの定着化」をテーマとした経営革新計画を山口県に申請しました。
当社としては、2019年来、総力を挙げて「防災・災害復旧」をテーマに経営革新に取り組んでいます。
因みに2019年 8月末に「防災フェア2019 in 山口」を実施致しました。

防災専門部門 防災プロジェクト室

弊社の各事業部が有する災害対策・災害普及のノウハウを最大限生かし、さらに、防災研究のスペシャリスト、山口大学名誉教授でもある三浦房紀氏をアドバイザーに迎え、防災事業を推進していくプロジェクトチームです。

クラウド型ウェブサービス「三友防災ソリューション」

  • ドローンを使った災害現場の撮影
  • 監視カメラや水位計によるリアルタイム情報
  • 市民の方から寄せられた情報を管理、蓄積
  • 蓄積したビッグデータを将来の災害対策に活用

三友防災ソリューションの詳細はこちらへ


建材事業、燃料事業の災害時対応


弊社は、耐震資材、防災商材を自社で持っている為、災害時でも簡易式トイレなど防災グッズにも対応が可能です。
また、タクシー業者向けLPガススタンドにLPガスを燃料とした発電機の導入することで、停電時の操業を可能にしています。


お電話でのお問い合せはこちら
(受付時間 8:30~17:30)

電話番号:0835-28-0310